医療系の各種記事のお仕事を経験豊かな医療ライターが承ります!
医療ライターズ事務所 medipen(メディペン)
お問い合わせページからのご連絡お待ちしております

在宅ワークでライターの仕事を見つけるのが難しい!優良案件の見つけ方とコツを伝授

元看護師、現医療ライターのひろたです。

在宅ワークでライターの仕事を探すとき、優良案件なのか応募しないほうがいい案件なのかがわからなくなってしまうことがありませんか?
自分に合った案件を見つけるのは難しいですよね。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使った検索もどうすればいいのかわからないし、興味のある仕事が見つからない!という在宅ワーク初心者のかたは多いはずです。

看護師などの医療資格や、ファイナンシャルプランナーなどの資格持ちの人は、その資格をいかした高単価の仕事にめぐりあいたいと思っていることでしょう。

そこで医療ライターひろたが、優良案件の見つけ方やコツを伝授します!
これを読んで好条件・高単価の案件を見つけてください。

 

検索の基本はキーワード入力

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスは、仕事を依頼したい人と受けたい人をマッチングしてくれます。

クラウドソーシングサービスを上手に使えば、仕事を得てある程度の収入を見込むことができるので、フリーランスで活躍したいかたや、在宅で仕事をしたいかたに非常に有用です。

ただし、サービスを上手に使うにはコツが必要です。

効率を考えると、自分ができる仕事や興味のある仕事をいかに早く探せるかが重要になります。その方法としてご紹介したいのが、検索キーワードの選定です。

 

▼クラウドワークスであれば、「仕事を探す」のページの左端に仕事のカテゴリーがあります。
クラウドワークス

 

▼ここから、「ライティング・記事作成」でライター向けの仕事を探すのがスタンダードな方法です。
クラウドワークス

 

▼しかし、それよりも画面上部の「キーワードで探す」を使って検索すると、より早く優良案件に巡り合う確率が上がります

 

的確なキーワードを選定し検索すれば、自分のスキルや希望に合う仕事を見つけやすくなります。

では、どんなキーワードで検索すれば、好条件の案件にたどり着くのでしょうか?

こんなキーワードはNG!

自分に合った高単価な案件に出会うためには、キーワードの選び方が重要です。

たとえば、誰でも思いつく「高単価 ライティング」というキーワードで検索すると・・・

高単価 ライティング

・高単価だけど指定サイトに登録し、個人情報を入力させられる可能性のある案件
・高単価案件のチャンスもあり!という低単価案件
・0.1円以下が高単価という基準を持つ案件

 

などが出てきます。

好条件とは言えない案件ばかりですね。

もちろん、高単価案件も少しは出てくるかもしれませんが、非常に効率が悪いです。

同じように「高単価」「好条件」などのキーワードで検索することもやめておくべきでしょう。

的確なキーワードの選び方は?

まず、検索のやり方や考え方を変えてみましょう!

「好条件」の定義は人によって違います。

自分の専門分野・得意分野外の記事は調べるだけで時間がかかりますし、なにより書くのが苦痛になることもあります。
高報酬の仕事でも興味のない分野の内容を5,000文字書く案件は厳しいでしょう。

まずは、ご自身にとっての好条件とはなにかを考えてみましょう。

得意な分野、興味のある分野は何ですか?

仕事はどんな経験がありますか?

子育てや介護など、人生でどんなことを経験してきましたか?

 

これらの条件をよく考えてみましょう。

自分にとっての好条件がわかったら、それに関連するキーワードを洗い出していきましょう。

 

例えば、元会社員で主婦をされている1児のママの場合で考えると、子どもの学資保険を検討したり、育児でいろいろな経験をしているはずです。

この場合、「学資保険」「育児」というキーワードで検索することで、自分が書ける案件を見つけることができるでしょう。

また、会社員としての経歴が不動産や金融関連なら「不動産」「金融」のキーワードで検索すると、専門性が高いので比較的高単価の仕事を見つけられるはずです。

子育てや介護の経験があるかたは、その経験をしていない人達からすれば人生の先輩です。「育児」「介護」のキーワードで案件を探してみましょう。

 

普通の主婦と思っているかたほど、案外いろいろな引出しを持っていることが多いのです。

自分の今までの経験を思い返してみましょう。

 

優良案件は一目でわかる!

キーワード検索で、興味のある書けそうな案件を探してみて、もし下記のような案件だった場合、優良案件である可能性が高いので積極的に応募しましょう。

本人確認が済んでいる

本人確認が済んでいるクライアントというのは、下記のような書類を提出していることを意味します。

・パスポート
・運転免許証
・健康保険証+住民票
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書

 

実際に存在する人か確認できているということなので、架空の人物が架空の仕事を適当に発注しているのではないことがわかります。

クライアント名がわかりやすい

クライアントのユーザー名は、ちゃんとした会社ほど会社名をきちんと載せていたり、本名を使っていたりします。
そういったきちんとしたアカウントは、優良案件を出すことが多い傾向にあります。

ただ、最近は企業からの依頼でも、社員さんのアカウントで依頼されることも多いので一概にはいえなかったりします。

評価件数が多く評価が高い

クライアントのユーザー名をクリックすると、詳しい情報が表示されます。

ここでとくに注目したいのが、評価件数とその評価です。

クラウドワークスであれば、評価は星5つで示されます。星が5に近いほど優良なクライアントです。

ただ、評価件数が10以下での星5つと、評価件数が100以上で星5つは、後者のほうが優良クライアントと考えられますので、総合的に判断する必要があります。

募集内容が詳細まで書かれている

優良案件は報酬がしっかりと明記されており、システム料や消費税を含むかどうかもしっかりと書かれていることが多いです。

よく目にする「報酬は要相談」は避けたほうが無難です。

また、依頼内容が10行以下で終わっているものも避けたほうがいいです。

・どんな内容の記事か
・ターゲット層
・文字数
・報酬額
・納期

 

せめてこれくらいの情報は欲しいところです。優良案件はこれらのことがしっかりと書かれていますので、チェックしましょう。

 

それでも迷ったらとりあえず応募

応募したら即仕事が来るわけではなく、選考期間を経て採用になればクライアントから連絡が来ます。
最初は応募しても採用に結び付かないこともあるでしょう。
しかし、ここであきらめてはいけません。
優良案件の条件に合っており、自分が書けそうな案件なら、とにかくどんどん応募してみましょう!

応募しなければチャンスは巡ってきません。チャレンジあるのみです。