医療系の各種記事をmedipen(メディペン)の医療ライター広田が承ります!
▼メディペンlabo 第4期生の募集は終了しました!
5期生以降の開講は未定のため、こちらをご覧になりお問い合わせください。
医療ライターズ事務所 medipen(メディペン)
お問い合わせページからのご連絡お待ちしております

医療ライターの収入は?看護師の月収を超えられる?

一般的なライターの文字単価は、1円前後のものが多く見受けられます。専門知識を要する医療ライターの場合はどうでしょうか?医療ライターは、依頼内容によって相場が大きく変動し、場合によっては看護師の平均月収を超えることも!
詳しくご紹介します。

ライターの平均文字単価?

医療知識や不動産知識など、専門知識が必要ない記事を作成する場合、1文字1円前後が相場になります。とくに初心者の場合、1文字0.5円以下での仕事が多いようです。中には、0.1円以下というものも。

そのため、ライターとして得意分野を持つことは大切です。

もし、医療知識があるならそれを生かして医療ライターを目指すのが、多く収入を得るために有効な手段です。

医療ライターの平均文字単価は?

専門的な知識が必要な記事では、1文字2~5円程度が平均的な発注金額とされています。

医療記事の場合、1文字3円前後が相場です。
これに構成案やSEO、キーワードの選定、専門性の高さが加味されて価格が決まります。

もし2,000文字の記事を受注した場合、1文字3円なら6,000円、1文字5円なら10,000円と、たった2円で大きな差が出ます。

医療ライターの月収は?

初心者であれば、月収1万円以下ということもありますが、これは仕方のないことです。
医療記事を依頼するクライアントは、医療知識を持つだけでなく、ライターとしての経験・技術を持つライターを求めています。
経験も実績も少ない初心者の医療ライターでは、仕事を得るのも一苦労です。

その時期を乗り越え、固定のクライアント2,3社から依頼を受けられるようになると、月収は5万円を超えるでしょう。

さらに経験と実績を積み、固定のクライアント5社を超える頃には、文字単価も上がり、月収が10万円台に突入します。
この10万円の山を越えられるようになれば、クライアントからオファーが頻繁に来るようになり、20万円、30万円とおもしろいように月収が上がっていきます。

ここまで来るのにかかる時間は人それぞれですが、3年以上は覚悟したほうがいいでしょう。

看護師の月収は超えられる?

「2018年 病院看護実態調査」のデータでは、看護師の平均月収は以下のようになっています。

この月収を、医療ライターが超えることは可能です。

クライアントを多く抱える、記事を多く書く、文字単価を上げてもらうなどの努力をすることで、看護師の月収を超えられます。しかも、医療ライターは基本的に家で仕事ができ、夜勤もなく、納期に間に合えば勤務時間は自由です。

ただし、看護師とは違い、毎月固定のお給料が出るわけではないので、月によって変動はあります。今月は30万円を超えたけど、来月は超えられるかはわかりません。

不安定ではありますが、自身の努力がそのまま評価・報酬に結び付くのは非常にワクワクしますね。
医療ライターとして月収50万円、80万円と超えている例もありますので、どこまでいけるのか楽しくなることでしょう。

医療知識で可能性無限大!

医療知識を持つ人に囲まれると、その価値を認識することはあまりないでしょう。医療知識は持っていて当たり前ではありません。
しかし、医療業界から離れれば、その価値の高さに驚くはずです。

ライターという職種でも、医療知識を持つライターは重宝されます。とくに医療ライセンスを持っていれば、価値がさらに高まります。

医療ライセンスを持っていて、家で働きたいという方にとって、医療ライターという働き方はかなりおすすめです。妊娠・出産を機に看護師をお休みされている方にはぜひ挑戦してほしい働き方です。

この無限大の可能性を試してみませんか?

▼お仕事のお問い合わせはこちらからどうぞ!